2007年02月26日

元気でいるか 街には慣れたか 友達できたか


昔の男に会ってきました。




しかもいっぱい(*´3`)ノ




R0012290.JPG


ヒロミ東京 1−1 東京チリチリ
得点者:43'クララ(東京チ)79'外人さん(ヒ東京)

味スタ/18,000人



単なる無料の練習試合じゃねぇかとなめくさって出かけたら、
J's GOALさん的には「2007開幕カウントダウンマッチ」っておされネーミングが。
そして両チームサポ的にはやっぱり『ダービー』なんですね。
緑さんはガスさんに「どこ行ってたの?」とか段幕出されてたけどね
試合開始1時間前ですでに二階席の上のほうしか入れませんでした。

寒いわ。
遠いわ。
小さいわ。
よく見えないわ。
なんだかガス臭いわ(−公−)

そう思ってたら、うしろの席のカポーがいいこと言った。

♀「えー、ちっちゃーい」(←原文ママ)
♂「しかたないだろ」
♀「だってー、こないだのあそこ、すごかったんだも〜ん」(←原文ママ)
♂「あ、柏?」
♀「そう! だって『ハァハァ…』って息遣いがすごくて……」(←原文マry

とにかくふたりは日立台の臨場感をイチャイチャとほめたたえておられました。

いいぞ。今日だけは許してやろう。
存分に一本のアメリカンドッグをああ〜んして食べあうがよい。




で、わが懐かしきボーイフレンドたち。
(話それますが、昔の少女マンガでは「BF」「GF」ってよく言ってましたよね。
 あと「ステディ」という単語もありました。
 用例:『…だれ? あ、もしかしてきなこのステディ?』)

ピッチが遠くて背番号すらちっこくしか見えねんだけど。
あのね。
ずっとずっと一挙手一投足を見逃すまいと見つめつづけて
ずっとずっと愛と尊敬と感謝の心をこめて見つめつづけて
とにかく大切だった人って、
どんなに遠くてもすぐわかるね。
立ちグセ、走りグセ、蹴りグセみたいなもので、本当によくわかる。



・俺とおまえとディエ五郎 /相変わらず元気。

・ナナ /相変わらず華麗。

・ハット /相変わらず地味。

・バウル /相変わらずハゲ 効いてた。

・大野 /クララが立った!

・福西 /クララを立たせた!

 

以上。


フクはさすがでした。
どっかのガスサポさんのブログで『福西の、福西による、福西のための試合』とありましたが、
本当にそんな感じでした。

青と赤。
見慣れないユニに身を包んで、ピッチを駆ける。
相手のスピードを殺す。カウンターの芽を摘む。素知らぬふりでゴール前に上がる。
とにかく走れてた。
ピッチのどこ見てても、さりげなく、そこにいる。
強い。うまい。なんていうか、「錬れている」存在感。
(コンディション作ってきたんだな…あの省エネサボリ魔なフクが……)

前半、わずかに枠を外れる惜しいミドルを放ったフクに、
FCゴール裏から高らかに響くコール。
「福西、トーキョー! 福西、トーキョー!」
サポーター皆がうれしそうに手を掲げて、
「福西、トーキョー!」
何度も、何度も。

思いがけず、涙が出た。

ナナより、ハットより、
フクがサックスブルーじゃないことが悔しくて、泣けてきた。
「トーキョー!」なんてコール受けてることが悔しくて、耐え難かった。
こんな屈辱的なこと、ない。
わたし、もしフクが万が一、黄ユニ着ることになったとしても
やっぱり絶対に泣く。いやだ。悔しい。あっちゃいけないことだ。
ジュビサポを、ジュビロの未来を悼んで泣けた。




だめ…
かつて愛したあの人は、いまは敵…
でもやっぱりだめ…
目が追ってしまう…
心が、あなたを求めてる…
どうしたらいいの…
行ってしまうあなたをただ見送るだけのわたし…




ってせつなさに悶える俺の目に映ったのは


すごい勢いで蹴ったクリアボールを大野にぶつけるという
高度なギャグで相手ゴールを演出するミラクルフク





健在。( ̄▽ ̄;)





あー見に行ってよかった。



Д・)。o0О(ワンチョペ恐るるに足らずですよ…!)

posted by きなこ at 01:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

またすぐ会えるよね でも離れたくないよ

柏からの帰り道。
雨上がりの夕焼け雲を眺めながら、心の中でくりかえす。

「やっぱり日立台、最高だ」




前日、練見に行ったんです。
来日したての粗塩を見たかったし、とにかく生レイソルに飢えてた。
年が明けてからの初日立台。
うれしかったよ。楽しかった。

でもね。

今日のうれしさ、喜び、緊張、興奮、どきどき、不安、感激、感激感激感激。

くらべものになりませんでした。
恥かしいけど、柏バカ一代を歌いながらちょっぴり涙もちょちょぎれて。
脳裏に焼きつく、選手みんなの凛々しい姿。
ちょっぴりヘナチョコなところも相変わらずでそれすらも微笑ましくて。
後半30分すぎくらいからずっと、終わらないで、って祈ってた。
「ああこのまま永遠に跳ねてたい!」



新応援歌も素敵でしたね。
全体的にキーが低めなのがソプラノ担当には微妙にきびしいですが、
個人的にはミノルのチャントが最高によいです。
声がすごく“のる”感じがする。
水谷の『熱中時代』といい、神選曲としかいいようがなく、
レイサポである香ばしさをかみしめました。




今日は、勝ち負けなんてどうでもよくて、
ただただ、みんなが元気でいることを確認できればそれがすべてだった。
選手も元気、スタッフも元気、サポも元気、
仲間も元気、自分も元気。
日立台が元気。
(レイくんの元気があまりにも形式的だったのが若汗気になりつつ…)


だから。
試合が終わって帰るとき、すごくさびしかった。
また少しの間、きみに会えなくて、
すぐ会えるってわかってるのに、とっても離れがたかった。



帰るべき場所。
開幕がますます待ち遠しいな。









そして本日じつは一番幸せかみしめた瞬間はこんな感じ。


試合終了後にゴル裏に挨拶来てくれたとき、
クラとタニがお手々をつないでいたんです。
神様っているんだなってしみじみ(´一`*)
posted by きなこ at 23:44| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

叶ワナイ夢ナンテアルカナ?

asahi evening.jpg




本日の朝日新聞夕刊19面。

千葉県版じゃない、全国版のスポーツ面。
隣の記事は「イチロー」




柏にシンデレラボーイ

地域リーグから一気にJ1に
21歳FW・池元友樹


アマチュアの地域リーグからプロのJ1へ一気に駆け上がっ
たサッカー選手が今季、柏に加わった。マンション建設の現
場作業員をしながら選手生活を続けた21歳のFWは、まさ
にシンデレラストーリーを地でいく。

       * * *

 話題の人は、ニューウェーブ北九州から移籍した池元友樹。
昨年までプレーした九州リーグは、J1からJ2、JFL、
地域リーグと、数えて三つ下のリーグに当たる。サイドから
切れ込むドリブルを得意とし、2年間で27試合に出場して27
得点をたたき出した。昨季、FC岐阜に期限付き移籍して出
場した全国地域リーグ決勝大会の5試合で5得点を挙げ、柏
から声がかかった。
 東福岡高の卒業時にプロからの誘いがなく、アルゼンチン
で武者修行。強豪リバープレートでアマチュアの試合に出場
していた時、大熊監督(現日本代表コーチ)の目にとまり、
U19代表に選ばれた異色の経歴を持つ。
 U19代表に選ばれてから日本に戻り、福岡、大分、東京ヴ、
清水の練習に参加したが、プロ契約に至らなかった。地元の
ニューウェーブ北九州での1年目はアマチュア選手。朝から
時給約800円でマンションの工事現場で資材を運び、夜に
練習する毎日。
「あの生活は、もう一生したくない」
と振り返る。だからこそ、「練習から結果を出して一日も早
く試合に出たい」と話す。
 下部リーグからトップリーグに上がって活躍した例として
は、MF古橋(セ大阪)がJFLから移籍して05年のベス
ト11に選ばれている。海外では、イタリア代表FWトニ
(フィオレンティナ)が3部リーグから、昨季のセリエA
得点王、W杯優勝まで上り詰めた。池元は「J1は周りから
いいパスが期待できるので楽しみ」と3月の開幕が待ち遠し
い様子だ。










「これからの戦い……
 手かげんはせん!!

 おれは、この 砂漠 J1 で血を流すわけにはいかないんだ!!」



  今…静かに戦いの幕が
 切っておとされようとしている…
 いきつく先は
 炎の地獄か血の海か…

 高度計の針は
 弱く震える…
 ここは エリア88 エリア日立台…








posted by きなこ at 23:41| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

夜空に君だけを必ず  君だけを描いてる




お部屋割り。


水谷 カトゥー

きり 雄太

亮 タニ

どぅー やすき

古賀 中谷

キタジ すんた

ミノル やざ

ゆっきー よしろー

パンゾー たっちゃん

巖 オカ

大久保 いけもっつ

チュンソン 海亀

クラ ヒラ

長谷川 あべしゅー

ヤナギ 大島

どんべぇ ぐんりょう

アルセウ フラ様




そんだけw
posted by きなこ at 01:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

いつまでも 君を見つめていたい この道を 今日が照らして


レイソルの2007年が始動しました。

とりあえず主務の拓ちゃんのブログに載ってた集合写真を見て、
オカに巖にゆっきーにフランサが
最前列でどっしり腰を落ち着けていてくれることに感涙。
“めちゃ”アルセウと古賀もいますね。
個人的には、チュンソンがきっぱりと胸をはって自信に満ちたいい表情してることと、
カトゥーに赤は似合うのに雄太にはたいへん今ひとつであることと、

クラの髪型がまんま「タニ+亮÷2」
なことに萌え萌え(´Д`*)ハァ〜ン


フォトギャラでも、楽しげな練習風景。
今年も、雰囲気よさそうですね。
早く練見に行きたい。
あぁ鹿児島に行きたい。。。


しかし。
俺らサポ的には、まだ、本当の意味でシーズンスタートとはいきません。
いかねぇだろ。
いくわけないよな。






内臓が新しくなったレイくんのお披露目
マダー?





本来ならば、
水谷選手「ゴルフです」
アルセウ選手「ヘディングでは負けません」
古賀選手「サッカー以外では勝てるものはありません」
阿部(吉)選手「岩盤浴が好きです」
大久保選手「サウナが好きです」
阿部(嵩)選手:「書道が好きです」
大島選手「古典が苦手です」
池元選手「カレーが好きです」
レイくん「パルちゃんには負けません!!」

くらいな展開が欲しかったyo!



と言いながら、本日のチーム始動にあわせて、
わたしも黄色いダルマを神棚に飾りました。
思いをこめて、「一心同体」ペナントとともに。

20070121235138.jpg

俺の黄ダルマは「まつげカール命」だぜ。













そして本日の衝撃…
posted by きなこ at 23:39| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

祝福をもらお 太陽みたいに笑う この魂に

行くひと、来るひと。
「さようなら」と「こんにちは」。
チームを愛することと選手個人を愛すること、
気持ちが引き裂かれてふたつ。
つらい季節。

それでも前を向いて、近づきつつある春に胸おどらせることができるのは、
結局、出会いにも別れにも“感謝”と“愛”がみっちり詰まってるから。

来てくれてありがとう、愛してる。
いままでありがとう、愛してる。






そんな、柏レイソルという家族のいまの想いを象徴するのが、
オカの言葉だと思う。

川崎公式の日記を読んで…

不器用で、バカ正直で、要領悪くて、融通きかなくて、頑固で、意固地で、
情に流されがちで、強がりで、怖がりで、打たれ弱くて、傷つきやすくて、
それ以上に大きくて、細やかで、しなやかで、強くて、
愛したがりで、愛されたがりで、
誰よりも誤解されやすく、誰よりも理解されたくて、
フロンタサポとレイサポを本気の本気で想ってるアホな男を、

心の底から誇らしく思った。

心の底から愛せる、って思った。


こんな人間に「大好き」になってもらえた、俺たちレイサポ。

なんて、幸せ者だろう。
なんて、重荷を背負ったことだろう。

川崎公式の画像を見て、オカに青黒ユニが似合ってることにけっこうショックを受けた。
らしい笑顔に、ちょっと嫉妬した。
この人、絶対一生、フロンタのこと忘れられるはずない。

でも、だから。

そんなオカを丸ごと、
真っ黄色なユニでくるんで、
愛していこう。


フロンタサポの分まで、支えていこう。


“柏の岡山”と、
一番輝く太陽の笑顔とともに、
踊ろう。







昨シーズン、チーム一丸で戦ってくれたレイソル戦士たちへのリスペクト。
新しく加わって家族になってくれたレイソル戦士たちへの感謝。
残念ながら活躍の地を求め遠くへ旅立っていったレイソル戦士たちへの愛。

そしてまた、わたしたち家族が走り出す。








しかしな、オカ。
あんたがもし不倫したら、嫁と愛人、ぜったいめっちゃ仲良しになるわw


posted by きなこ at 03:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

つ な が っ て い る か ら ね 。



みなさま、すこやかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

『きなタニ日和』が、いつ『きなクラ日和』あるいは『クラタニ日和』になるか
全米が固唾を呑んで見守ってくださっていることと推察申し上げますが、


ぶっちゃけ悩んださああかなり悩んださ


いずれにせよタイトル変更の予定は いまのところ ございませんので、
2007年もきなことタニとクラと、あとどうでもいいけど臭い妹もあわせてよろしくお願いいたします。

今年はもっとマメに更新します。たぶん。きっと。しないでもないかな。しないともかぎらない。 
とにかく頑張ります>横井さん







というわけで。
本日、やっと親孝行帰省ツアーのアウェイ&ホームを無事終了し、
都内の自宅にもどってまいりました。
で、近所の八幡宮様に毎年恒例の初詣。
神棚にあった破魔矢と古札とお守りと絵馬をお返しして、新しいものを頂いてきました。
昨年シーズン中はこの神棚にずっとチケットをお供えしていたので、
手元に残ったチケ半券もついでに持参してお返しし、
あらためてJ1昇格の御礼と、今年の必勝祈願も済ませてまいりました。


俺、今年は5つお願いごとしたんだけど、
最後に言うお願いしか神様絶対覚えてらんねーと思ったから(神様ゴメン)
二拝二拍手でとりあえず個人的なこと4つ祈ってから一拝した後で、念押ししておいたぞ。

「ところで話は変わりますが、神様、じつはここからが本題です。
 レイソルがJ1で大活躍できますように。優勝してもやぶさかではありません


頼むぜ頼朝公。
うちの八幡様は武神だからね。
kamidana.jpg










でだ。

帰り際に、高嶋易断の誕生日別のおみくじをひいてみたわけです。

これによるとわたしの性格は、
強固な決断力と独立心、つよい意志とたゆまぬ実行力を持っているそうです。
しかし、
奇異な思想に頭を入れる危険があるそうです。


そうかもしれません。


奇異な思想…レイソル病…(´Д`;)




気をとり直して、運勢を診てみました。
今年の運勢は、
希望 順調に進んでいます(俺たちの戦いはここからだ)
旅行 全日程無事平安です。楽しい旅行ができます(アウェーもオッケーv)
投資 しばらくすると上廻ります(はじめは苦戦しても、じっくりじっくり)
病気 全快の方向です(怪我人もはやく治りますように)


しかし、次の瞬間、
ノストラダムスもとい五島勉の大予言をしのぐ恐怖の大王がきなこを襲った!!










紛失 すでに遠くに持ち去られている。









す、すでに…orz


(しかも他の項目は「ですます」なのに、ここだけいきなり断言口調…)


何がすでに遠くに持ち去られているのか。
たのむ○○や○○○○じゃなく俺の失くなった×××のことであってくれ。たのむ。

愛してるんだから。
お願い。








posted by きなこ at 22:54| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

a million kisses




2006年。

あきれるほど真っ直ぐに走り抜けた季節。



おせち作りを無事終えて…
あらためて2006年ゴール集を見ています。
ちょうど昨夜の今頃は、大好きな仲間たちとの忘年会で
このゴール集を見ながらお酒を飲んで、話が尽きなかったっけ。。。

ひとつひとつのゴールが、いまでも、宝石のように輝いてる。
日立台は、いつも宝石箱。




オカの、今年のレイソルを象徴するオープニングゴール。
ディエゴが道を切り拓く。
亮のゴールはいつもダイナミック。
フランサの魔法。
キタジに言葉はいらない。
函館の奇跡。忠成、将太。「これはどうゆうことだ!?」
ヒラの寡黙で雄弁なミドル。
タニもさりげなーく決めてます。
パンゾーも渋ーく決めてます。
たっちゃん、あなたの努力はダイヤモンド。
鬼プレス! 鬼プレス! 魂の鬼プレス!
巖ちゃん。あなたのハの字眉毛は反則だよ。
クラのゴール後の妙な欽ちゃん走り…(*´Д`)ハァハァ
ゆっきーの笑顔炸裂。しかし顔黒すぎ。
ヤマシ…ただただ、ありがとう。

雄太! 雄太! 雄太! 

海亀の産卵。。。。。(←卵)

そしてリカ、リカ、リカ、リカ、リカ。
俺たちの永遠のマエストロ。




もちろん、これらのゴールはレイソル家族みんなの願いの結晶なわけで。






ゴールの瞬間、くしゃくしゃの笑顔で抱き合うレイソル戦士が好きだ。
そこには、ただ愛だけがある。















今年も、
いろんな出会いといろんな別れと、
いろんな歓喜といろんな失望と、
いろんな興奮といろんなあきらめと、
いろんな気持ちといろんな愛がありました。

苦しくて、幸せだった。


とにかく今、こうして笑顔でいられる。
レイソルのおかげで、笑顔がたえない。

みんな、一年がんばってよかったね。お疲れ様でした。




ああ、何書いていいかわかんないや。
わかんない。
だから。
われらが広報ズの片割れ、横井氏の“ラブレター”にならって…

本当に本当に本当に、ありがとう。
みんなの2007年に幸多かれ、じゃなくて幸ばっかりありますように。









愛するあなたに、百万のキスを。










osechi.jpg

おまけの画像は、おせちの一部。
栗きんとんが甘すぎて失敗orz

でもさ、おせちって黄色いものが多くってしこたまハッピーなのだよ。

posted by きなこ at 01:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

愛 は 、 死 な な い 。




2006年。

いままでの人生で一番涙を流した一年でした。


残ってくれた選手に、感謝で、泣いた。
来てくれた選手に、感謝で、泣いた。
勝って、うれしくて、泣いた。
引き分けて、悔しくて、泣いた。
負けて、悲しくて、泣いた。
スタジアムで、泣いた。
スタジアムに行けなくて、泣いた。
得点で、泣いた。
失点で、泣いた。
怪我をしたと聞いて、泣いた。
復帰したのを見て、泣いた。
美しいプレーで、泣いた。
くだらないミスで、泣いた。
選手の笑顔で、泣いた。
選手の背中で、泣いた。
スタッフの言葉で、泣いた。
サポ家族の言葉で、泣いた。
声を出しながら、泣いた。
歌いながら、泣いた。
跳ねながら、泣いた。
祈りながら、泣いた。



レイソルを想って、いつも泣いてた。



涙を流すたび、ココロの奥底から、噴水のように愛があふれた。










2006年12月2日。
平塚。
色づいた大銀杏の樹のごとく、
目にしみるほど真っ黄色に染まったスタジアムを、一生、忘れない。

あのね。
大げさかもしれないけど、
あの日のレイサポはみんな、「愛」って何かをつかんでる人たちだと思う。

シンジル ココロ
タクス ココロ
アズケル ココロ
ツナガル ココロ
ゼッタイニ アキラメナイ ココロ

愛って、抽象じゃないよね。
絵空事じゃない。
目に見えて、手触りがあって。

“ワタシハ アナタヲ イツダッテ シンジテル”

俺たち「家族」は、それを、カラダでしめしたよ。






いまは…

すべての選手に愛を。
すべてのスタッフに愛を。
すべてのサポーターに愛を。

「柏レイソル」を想うすべての人に、永遠の愛を。


さぁ、

最高な俺たちに、最高の夜明け。



posted by きなこ at 03:56| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

どんなに 傷ついてもいいから

横浜戦の痛恨の引き分けのあとで。
「昇格が決まる瞬間まで、絶対、もう、泣かない」って誓ったはずでした。

でも、山形、試合終了後。
真っ先にゴール裏にむかってきたのは、やっぱり、由紀彦でした。
わたしたちサポーターを見つめて、
まっすぐに歩いてきて、
目を逸らさない彼の姿に、もうだめだった。

あの涙は、悔し涙でも、悲嘆に暮れる涙でもありません。


うれし涙だったんだよ。


気がついたら、ユニの胸を拳でたたきながら
由紀彦に向かって泣きながら叫んでいた。
「信じてる! 信じてる! 最後までいっしょに走ろう!」









残り180分。

声を出す。
跳ねる。
手を掲げる。
鼓舞する。
信じる。
愛する。
祈る。
戦う。
一瞬を楽しむ。
怒って泣いて楽しんで笑う。
目の前で起こるすべてを瞼に焼きつける。

生きる。

生きる。

生きる。






酒も飲むし紙吹雪も投げる。



まず、日曜日。
結果なんて求めない。

ただひたすらに「レイソルらしく」。

その先には、必ず歓喜が待ってる。






あのね、どこにどう表現してよいかわからんからここに書きますが。

レイソルブログって本当に熱いよ!

山形、かなり寒くてつらかったけど、
リスタで買ったミニブランケットが助けてくれました。
すごくすごく温かかった。
素敵な新商品、どうもありがとうです。
(ちょっとお高いけれども…)







レイソルに関わるすべての人間に愛と勇気を。

posted by きなこ at 23:36| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。