2007年09月12日

とても幸せな淋しさを抱いて これから歩けない 私はもうあなたなしで




昨夜。
ふらっと平塚へ行ってきました。


お夕飯作らなくてよくなって、夕方から丸々時間ができた。
最近日立台にも行けないし、アウェー遠征なんて夢のまた夢…。
スタジアムの空気が吸いたいな。

というわけで「湘南vs東京V」を観戦しに出かけてきたのです。
片道1時間半ちょっとのぶらり旅。




9.10 hiratsuka.jpg

平塚競技場は、レイサポにとって忘れえぬ場所。
2006年12月2日、燃えるような黄金色に輝いていた大銀杏の木は、
宵闇の中、緑の葉を茂らせてしっかりと立っていました。
今年のJ2の開幕、「湘南vs仙台」も観に来たんだけど、
そのときと同じように、木に手をふれて挨拶する。


平日の夜。時折、小雨まじり。
これがとってもよかった。
けして多いとはいえない観客数だけど、今ここにいる誰もが皆、楽しげだ。
ちょっと奮発してメインの指定席を選んでみたけど、これもまたよかった。
ピッチから遠いのはなんだけど、バクスタで盛り上がる両チームのサポの姿がよく見渡せる。
とにかく、熱気とワクワクに満ちてた。


なにより、ピッチの芝のあざやかなことといったら!

光の中に浮かび上がる、緑色。
目も心も洗われるような、澄んだ緑。
これを見るだけでも訪ねる価値がある。
眼福でした。

9.10 game.jpg




今年もJ2はいいなぁ。
第四クールをひかえ、いよいよのっぴきならない展開だ。

この日の平塚も、すさまじい試合だった。

足がもつれながら、必死にフッキに追いすがるジャーンの形相。
暇さえあれば頭から水をかぶる飯尾の濡れ髪。
ギアチェンジを目論むディエゴの鋭いまなざし。
ボールの行く手に自分の全人生を投げ出すような坂本の献身。

この一戦にかける想いが痛いほど伝わる闘いぶり。。。



どちらのチームにもレイソルゆかりの選手がたくさんいるのですが、
やや湘南に肩入れしがちな感じで観てました。
8月末から過酷な連戦(中2日ずつで3連戦!)を経て、
先の台風の影響で練習環境はどうにか確保するのがやっと、
チームの要、斉藤は累積で出場停止。
素直に『がんばって』って応援したくなった。

そして一番は、望さんを観ること。

レイサポ歴の浅いわたしは、黄黒ユニで闘う望さんをほとんど知りません。
37歳(同い年…)で最前線で走り回る彼の姿を、見られるだけ見ておきたいなと思う。
昨夜は前半で交代してしまったのが残念。
無責任を承知で言うけど、後半ロスタイムの最後の最後、
もしピッチ上に望さんがいたら、本当に逆転勝利できちゃったんじゃないか!?って気がした。
こういうベテランのその手の力って、ああいうとこで神業のように効くんじゃないだろうか。(←ひどい日本語。。。)




とにかく、雨粒も気にならないくらい、いい90分だった。

攻めて守る。守って攻める。
走って追いかけてぶつかって、また走る。
湘南もヴェルディも、汚いプレーや卑怯なプレーや相手をただ痛めつけるプレーなんてなかった。

ロスタイムの最後の一瞬まで、スタジアム全体が『あきらめてない』って感じた。




だからこそ、主審の浅慮なふるまいだけが、ピッチ上で異様に“浮いて”ました。
ひとつひとつのジャッジが、全部が不当だったとは言わない。
だけど、主審のなすべきことって、そんなんじゃないだろ?
なぜ、流れを『捌く』のではなく、手に余ることをすべてカードで『裁こう』としてしまうの?
「11人」vs「11人」だったはずの素晴らしい試合が、
なぜ「20人+3,982人」vs「主審1人」になってしまったの?

それだけがつくづく残念で腹立たしい。







ともあれ。。。
Jリーグがあってくれてよかった。
サッカーという名の幸せをかみしめさせていただきました。

昨夜の平塚のみなさん、どうもありがとう。

(とりわけ…
 座席を探し当てたわたしに気づき、濡れた椅子をさっとハンカチでふいてくださった
 隣席のベルマーレサポお母さん。
 本当に本当にありがとうございました!) 






しかしひさびさだよ、試合前のミニライブで手拍子しちゃったのはw










おまけその1:平塚の駅弁屋さんで小鯵の押し寿司が売り切れてたので
       しかたなく買った『デラックスこゆるぎ弁当』。

9.10 bento!.jpg

       でもスタジアムでは食べなかったのよねなんでかっていうと
       ジョージ特製山盛りカレーと大盛りキムチでもう腹一杯でさ
       そのまま家に持ち帰って家人の夜食になりました。 
       そぼろあんと醤油めしのハーモニーがなかなか、との評。


おまけその2:じつは…これが最大の目標物!
       雨の日限定の『ミスターピッチ レインバッグ』

9.10 mr.pitch rainbag.jpg

       芝男爵(←シドニー・シェルダン並みの超訳)大好きなわたしは
       これをもらうためにわざわざ出かけたと言っても過言ではない。
       可愛くて使えませんわ。

posted by きなこ at 00:15| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きなこさんも(←強調)行ったんだ!
まっきーさんもだよ。
自分はTVで(全部じゃないけど)観ていました。
最後ロスタイムで追いついたのには正直驚いた。

平塚かぁ〜<遠い目
願いが満願成就したら銀杏が黄色く萌える時期に
遠足(?)に行きたいなぁ〜 
レイソルと祐三さん任せでつが(^^*

それから「芝男爵」は小躍りしたくなるような
素敵なネーミング。センスがいいなぁ。

亀様のお話を聞けるのを楽しみにしています。
「おしん」ばりの波乱万丈な亀人生なんだろうか。
わくわく かめかめ ←????

Posted by Meg at 2007年09月12日 07:24
ふふふっ。。。
サッカー愛に溢れているね。

望や下さんの黄黒姿ならいっぱいあるよ。
まあそのうちなんとかどうにかしてあげたいとは思いますけどね。

ではまた。
Posted by katsu at 2007年09月12日 09:39
ありゃ、姉さんもいたんですか・・・。
反対側のバクスタにいました。
メイン側も盛り上がってましたよね。
隣にいた人が『珍しいな』といってましたよ。

ディエゴ・・・この夏の暑さのせいか見慣れたプリケツに戻っていた気がしますw。
Posted by まっきー at 2007年09月12日 09:58
>Megさん

わたしも、サポーターでもないのに思わず立ち上がってしまいました>ロスタイム同点弾

しかし…
「波乱万丈の亀人生」って謎ですな^^;


>katsuさん

下さんも、ブログ拝読して大ファンになりました!
愛にあふれてる御方だなぁと。。。
レイソルOBはいい人ばっかりだ!!


>まきおくん

そうなの!
ちょっと体調良かったからがんばって出かけたお^^ 
このエントリ上げた直後に、ブログ巡りしてまきおくんも行ってたのに気づいた。
っていうか『来てるんじゃないかな…?』って思ってたのよぅ。
メールすればよかった><

プリケツ…w
そういえば亮のブログのディエ五郎の笑顔に泣けた!
Posted by きなこ at 2007年09月13日 19:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54945108
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 11人いる!『11人いる!』(じゅういちにんいる!)は、萩尾望都の中篇サイエンス・フィクション漫画。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:W..
Weblog: 好きな漫画
Tracked: 2007-09-30 19:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。