2006年12月05日

愛 は 、 死 な な い 。




2006年。

いままでの人生で一番涙を流した一年でした。


残ってくれた選手に、感謝で、泣いた。
来てくれた選手に、感謝で、泣いた。
勝って、うれしくて、泣いた。
引き分けて、悔しくて、泣いた。
負けて、悲しくて、泣いた。
スタジアムで、泣いた。
スタジアムに行けなくて、泣いた。
得点で、泣いた。
失点で、泣いた。
怪我をしたと聞いて、泣いた。
復帰したのを見て、泣いた。
美しいプレーで、泣いた。
くだらないミスで、泣いた。
選手の笑顔で、泣いた。
選手の背中で、泣いた。
スタッフの言葉で、泣いた。
サポ家族の言葉で、泣いた。
声を出しながら、泣いた。
歌いながら、泣いた。
跳ねながら、泣いた。
祈りながら、泣いた。



レイソルを想って、いつも泣いてた。



涙を流すたび、ココロの奥底から、噴水のように愛があふれた。










2006年12月2日。
平塚。
色づいた大銀杏の樹のごとく、
目にしみるほど真っ黄色に染まったスタジアムを、一生、忘れない。

あのね。
大げさかもしれないけど、
あの日のレイサポはみんな、「愛」って何かをつかんでる人たちだと思う。

シンジル ココロ
タクス ココロ
アズケル ココロ
ツナガル ココロ
ゼッタイニ アキラメナイ ココロ

愛って、抽象じゃないよね。
絵空事じゃない。
目に見えて、手触りがあって。

“ワタシハ アナタヲ イツダッテ シンジテル”

俺たち「家族」は、それを、カラダでしめしたよ。






いまは…

すべての選手に愛を。
すべてのスタッフに愛を。
すべてのサポーターに愛を。

「柏レイソル」を想うすべての人に、永遠の愛を。


さぁ、

最高な俺たちに、最高の夜明け。



posted by きなこ at 03:56| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きなこさん、おっはぁ〜 *^^*

きなちゃんがエントリーがあげた4分後に目覚めたぞ!(爆)

お疲れ様でしたぁ〜
一緒に応援できて、喜べて最高でした!!

あのねぇ〜
来年ゴール裏はアウエィ限定にしまつ。
だって足がボロボロで病院へ行ったんだ。
今も右足を引きずって歩いてまふ。

か、か弱いから・・・・(^△^;

忘年会(16日)参戦予定でつ。
Posted by Meg at 2006年12月05日 05:02
ちょっぴり涙が流れることもあったけど
「喜」「哀」「楽」だけで「怒」はなかったかな。

忘れられないシーズンになったし、大切なシーズンになった。

歓喜の後、今は少しずつ寂しくなってきたかな…
Posted by あちゅてか at 2006年12月05日 06:43
おはようございます!

本当に愛に溢れてますよね。
あの日、昇格の瞬間喜びと同時に
行ってしまう選手との別れの辛さが増して
涙が止まらなかったです。
だけど祝勝会で胴上げを見た時、
見送る選手も辛いんだってことがよく伝わって
本当に皆つながってるんだと思えて嬉しかったです。
レイソルってなんていいチームなんだろう!とそこで歓喜解禁。
離れたって今年のチームは永遠ですよね。
今はすごく幸せです(^^)
Posted by すみ at 2006年12月05日 08:15
おめでとう。
それ以外の言葉はいらないですよね。
埼玉スタジアムで待っています。
Posted by ムーミンパパ at 2006年12月05日 08:57
おはようございます。
それだけ溢れる涙…きなさんの心の水筒は水がなくなることは決してなかった1年間だったと言う事ですね。

選手達も同じ。
皆でつくり上げた「愛の波」で来年のJ1を飲み込んでしまいましょう!

ではまたね!
Posted by katsu at 2006年12月05日 10:00
>Megしゃん
足大丈夫…?
わたしは歳もわきまえず夜中まで半袖でうかれて騒いで

すっかり風邪っぴきc(ω≦。) クシュン!

では16日に語りたおしましょう!!


>あちゅてか兄さん
リカも旅立って、
ちょっとずつさびしくなってきたね。
でも、選手はもう来期に向けて元気に動き出してる。
俺たちも前向きでしっかり歩もう。

〈伝説のシーズン〉を礎に。


>すみさん
うん!
今年のチームは、たとえ解散しても、
未来に大きな宝物を残しました。
さぁまたここからわれわれサポも走っていきましょう!


>ムーミンパパさん

ありがとうございます!!!

おめでとうございます!!!

来年は、同じ舞台で切磋琢磨できます。
光栄です。
わたしも日立台でお待ちしています。


>katsuさん
水筒の水はなくなりませんでしたが、

う ち の 酒 は 枯 渇 し ま し た orz

さてさていつ飲むー?w
Posted by きなこ at 2006年12月06日 00:13
新しいステージに、みんなで行こう。
2年前とは違う、柏のゴール裏を相手に見せつけよう。

だけんど、個人的に来季のJ1はビミョーやなぁ(とほ
Posted by むら々 at 2006年12月06日 00:52
>むら々しゃん
花嫁の父という立場をかなぐり捨てて、
日立台の祝勝会にかけつけたむらしゃん。。。
そのあとの飲み会でみんなにビールやお酒を注ぎまくるむらしゃん。。。

もうyouの血は末期色じゃなかった真っ黄色です!

来季も日立台で僕と握手!だよね(^皿^)
Posted by きなこ at 2006年12月06日 01:40
お疲れ様でした。

抱き合って号泣!…のはずが、微妙に場所
が離れててできませんでしたね。
まぁ、大きいタオルは夜の祝昇会で大いに
役立ったわけですが。

今年はいろいろありがとうございました。m(_ _)m
Posted by うめ子 at 2006年12月06日 10:12
>うめ子さん
抱き合って号泣!…のはずが、
日立台でならんでドーナツ!になりましたw
ごちそうさまでした(´∀`*)

長かったようで短かったようでやっぱり長かったこの一年。
うめ子さんと一緒に応援できるようになって本当にうれしいです。

また、来年も!!
(そのまえに忘年会でv)
Posted by きなこ at 2006年12月07日 00:18
涙を流すたび、ココロの奥底から、噴水のように愛があふれた。>
姉さんの場合は違うものも流れてるから。


俺たち「家族」は、それを、カラダでしめしたよ。>
姉さんの場合は、頭から湯気出てたから。


なんて、燃料投下してる自分が今年は信じる心を手に入れた気がするよ。
世の中を斜に見て生きてきた自分がこんな事を言える様になりました。


「ばさらは、シンジルココロを手に入れた」
ばさらはレベルが上がった。
かしこさが4下がった。

オイオイ・・ (;´д`)ノ
Posted by ばさら at 2006年12月07日 01:18
生きてます。R指定です。
今年は、お世話になりました。来年もw

ばさらさん>「忘れるを覚えた」
そう言えば、忘れる って覚えるものか??
Posted by R指定 at 2006年12月07日 23:23
>ばさらさん
ほら、俺、肉体派女優だから。

シンジルココロを手に入れたのはよいが
脳細胞を失ってあまりある件について。

あ、「失ってあまりある」も矛盾か!>R指定さん


ってなわけでひきつづき
>R指定さん
来年も生きててねw

「忘れるを覚えた」のはとても大事です。
それを
「忘却力がついた」といいます。

全身に忘却力がみなぎるようだ…!!!
Posted by きなこ@まだ会社…… at 2006年12月07日 23:40
きなこは、こうさぎとかをBLOGしたかったの♪


Posted by BlogPetのだんご at 2006年12月10日 14:39
最後の一ヶ月は「魔法の杖」を開き続けて
でも結局のところ人は信じたいことを信じるのだ
生きてきて叶わずに何度も泣いたし
逃げたり強がったり

今までこれほど願ったことはなかったのかもしれない
いつか生きてきてよかったことを順に数えてみる時
必ず今年のことを思い出すはず

おめでとう
ありがとう

アナタとわたしはずっと知らない同士
でもまた来年同じ場所で同じ時間を過ごすことになる
それでいいんじゃない?
Posted by h-mam at 2006年12月16日 01:43
>h-mamさん
お待ちしてました。
素敵な言葉をいつもありがとう。

なんかね、他人とは思えないんですね。

だからずっとあなたの言葉をお待ちしてました。

来年も、日立台に来ますか?
日立台で同じ時間を過ごしましょう。
Posted by きなこ at 2006年12月16日 02:34
きのうレイソルで、家族を得点しなかった。
Posted by BlogPetのだんご at 2006年12月17日 14:35
きょうは、抽象されたみたい…
Posted by BlogPetのだんご at 2006年12月26日 14:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28961053
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。