2009年08月28日

失ってしまったものは いつの間にか地図になって 新しい場所へ誘ってく





ふと。
去年の年末に『ヒストリーチャンネル』でやった、チュンソンと鄭大世に密着した番組を見たときのことを思い出した。
番組の終わり近くで、たしか「お互い、日本代表と北朝鮮代表として試合をしたいか?」みたいな質問をされて、チュンソンは困ったような苦笑いを浮かべ、「親善試合ならいいけど、できればやりたくないです」みたいな答え方をしてた(うろ覚えですが)。
一方のテセは「俺はガチでやりたいね」と即答だった。
だからどうしたってわけでもないけど、ああ、チュンソンってそういう子だよね、って、妙に脳裏に焼きついてる。



たぶんチュンソンは強くない。
“気の強さ”や“負けず嫌い”をよく挙げられるけど、ちょっとちがってて、
あれは正確に言えば〈認められたがり〉なんだと思う。
認められたい。認めてくれよ。俺を認めてください。
チュンソンからはいつもそんな心の声が聞こえてた。

たぶんチュンソンは誰かのそばに居場所がほしい子だ。
いまのレイソルには、彼の居場所を用意してあげられる人がいないんだろう。
石崎さんはとっくにいないし、フランサにはその役は果たせない。
ペトロヴィッチ監督は(チュンソンからすれば)まさにうってつけの存在だと思う。
移籍先が広島、と知ったとき、思わず「そうだろうなぁ」と膝を打った。
やってるサッカーの中身以上に、チームのたたずまいに魅力を感じてたはずだ。
どことなく、07年のレイソルに似てる。
チュンソンが一等輝いてた、あの頃のレイソルに。

そして、たぶんチュンソンはこの先もずっと〈渡り者〉として歩いてく。
「サッカーの世界では、来る者がいれば、去る者もいます。
 常に流れ動いている中で、僕の番が来ました。」
チュンソンのこの言葉を読んで、そんな気がした。
自分を認めてくれる誰か、自分が輝けるどこかを求めて、流れ流れていくんだろう。



チュンソンは“新生”柏レイソルの象徴でもあり、同時に鬼っ子でもあった。
エースと呼ばれ、でもミスターレイソルではない。
彼を薄情だとかドライだとか責める気はいっさいないし、彼の不在を嘆き悲しんだりすることもない。
(今季の移籍に関して言えば、わたしは石川くんが出てったことのほうがずっとずっとずっとずーっとダメージ大きかった。じつは今もさびしくて胸が痛い)
このタイミングで…と少し驚きはしたけれど、結局、感想は「さもありなん」のひと言だ。
ああ、チュンソンってそういう子だよね、のひと言だ。
たとえばかつて苦渋の決断で仙台を去った佐藤寿人とは、わけがちがう。
いつかは出て行く子だとわかってた。


あの『函館の奇跡』で、雄叫びを上げながらピッチを走り回るチュンソンを見て、
まるで山猫のようだ、と思った。
捕獲され、保護された山猫は、その後きちんとしつけられ、いつしか見栄えもお行儀もいい飼い猫になってしまった。
やんちゃな飼い猫なんて怖くない。

チュンソンに足りないのは、野性だ。

このままレイソルにいても、山猫にはもどれないだろう。
(広島でならもどれるのかと言えば、それも疑問ではあるけれど)
とっても愛着のある選手だけど、ひきとめる謂れもない。
ありがとう、と感謝して送り出すつもりもない。
むしろ「あれ、チュンソンってあんな男だったっけ!?」と裏切られた気にさせてほしいんだ。



チュンソン。
サンフレッチェのオフィシャルに載ってた紫ユニ姿、とっても似合ってる。
柏木や槙野とバカやって盛り上がる姿が目に浮かぶ。


チュンソン。


それで終わるなよ。




いつかあたしたちレイサポが悔しくて唇かみしめて血を流すくらい、強くなれ。
いつかあたしたちレイサポがきみの前にひざまずいて涙を流すくらい、恐がらせてくれ。




つきぬけろ。



posted by きなこ at 23:25| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
移籍はショックでした。
特に今年はたくさんありすぎてこれ以上は勘弁って思います。
2006年が濃すぎたからか、どんどんレイソルが薄まっている気がして寂しいです。

だけどきっとここを越えれば、2006年以上の新しいシーズンが来ますよね。
「産みの苦しみ」って、前にきなこさんが仰っていたことが脳裏に甦ります。
強いレイソルにきっとなる。
そういうプラスのエネルギーをもっともっと送れるように応援も頑張らないと!
なんだか自戒コメントですみません。

詰まる所、なんだかんだ言っても
レイソルが大好きなんだよ〜!ってことです。
Posted by すみ at 2009年08月30日 23:36
>すみさん

たしかに、わたしたちにとって特別な価値をもつ『2006年のレイソル』がどんどん遠ざかっていくのは、せつないですね。。。

選手の移籍は、チームにとってもある意味「ギアチェンジ」だと思うんです。
ギアチェンジって面倒だし、スムーズにできないと危ないけど(エンストする…)、そのぶん、カチカチはまったときはドライブ感をしっかり体で味わえる。
前へ進むために、加速するために、あるべき作業なんだと思います。

選手が減ったマイナスをなげくんじゃなく、
そこから転じて生まれるプラスの可能性に希望をもちたいですよね。

2009年があったから、いまのレイソルがある。
後々そう語られるようなシーズンにしなければならないと強く思います。

Posted by きなこ at 2009年09月01日 21:57
はじめまして、こんばんは!

コメント返しにうかがいました、西荻在住柏サポ夫婦の嫁の方です!
西荻にこんな方がいらっしゃるとは!!!
感激です!
ブログ始めた甲斐がありました!(笑)

しかもきっと同じ時期にジュビサポやってます(笑)

子育て中なんですね。
やっぱり試合は見れなかったりするんですね…
私も数年後にはどうやって子供と観戦しようかなんて考えてます(笑)

旦那共々、どうぞよろしくお願いいたします!
Posted by サカイ(嫁) at 2009年09月01日 23:53
>サカイ(嫁)様

おお、いらっしゃいませ!!
放置ブログになりかけててお恥ずかしいですが、こちらこそ末永くよろしくお願いいたします!

うちは5ヶ月なんですが、スタジアムに連れていくのはもちろん、柏まで遠出するのはまだちょっときびしいですね〜。
グズリ屋さんだし^^;
秋になればデーゲームも増えるので、6ヶ月すぎた頃から慣らし運転していこうかと。
そして数年後にはサポートキッズ狙ってます(笑)

今季も残りわずかですが、がんばっていきましょう!
Posted by きなこ at 2009年09月02日 14:58
きなこさんの言葉に静かな強さを感じて、
「よし、頑張ろう」という気持ちが増しました。
残留を目指す今と優勝を目指す未来、そのどちらの時間も宝物ですよね。
すごく全部が愛しく思いました。
サッカー以外のことも含めて、残りの2009年大切にしたい気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます!
Posted by すみ at 2009年09月09日 12:32
>すみさん

いやいや、わたしのほうがすみさんに励まされてるんですよー!!!!!
すみさんの真摯で純粋なレイソル愛には、いつも心洗われる思いです。
こちらがありがとうございますです。本当です!!

わたしは今年の日立台を知らないぶん、たぶん楽観的すぎる面もあり、逆に悲観的すぎる面もあり…

ただ、すべて終わるまでは「何が起きるかわからない」ってことだけは信じたいなぁ、と思ってます。
Posted by きなこ at 2009年09月09日 21:11
大変ご無沙汰してます。R指定です。
覚えてるかな。

久しぶり、昔を友達のBlogを徘徊してます。
レイソルはJ2へ。
きなこさんのBlogを読んでいて、今 考えるとチュンソンは「若いのだなぁ」と思います。 しんみり

PS
子供。。 かわいいですね。
私も そろそろJrが誕生しそうでして。
Posted by R指定 at 2009年12月01日 22:20
>R指定さ〜ん!!

いまわが放置ブログをふと見て貴殿のコメにお返事つけたつもりがついてないことを知りました…

元気っすか?
お子ちゃま、もう生まれたかな?(どっち?)

子ども、かわいいよねぇ。。。
かわいくて死にそうですよぅ!



Posted by きなこ at 2010年04月21日 22:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。