2008年08月27日

降りそそいだ陽ざし浴びて 胸をはる ひまわりに








たっちゃんについて真っ先に思い出すことといえば、じつはゴールシーンではなく。
折り目正しい好青年の笑顔でもなく。

ドリブルで突っ込んでって、DFと競って、倒されて、でもなぜかファウルとられるのは必ずたっちゃんのほうで。
それでもこれ見よがしに不満をアピールすることなく、
すぐまたスクッと立ち上がり、前を見つめて全速力で駆け出して。

どういうわけか、そんな姿ばかり浮かんでは消える。


         *


不器用な人なんだろうな、って思う。
とことん自分自身に集中する人なんだろうな、って思う。

だから、試合中、ときに「たっちゃん、もうちょっとまわり見て!」って苛立つことも正直あった。
素晴らしいゴールを決めたあと(そもそも彼のゴールはどれも網膜に焼きついて焦げついちゃうようなものばかりだ)、いつもひとりで喜びを体内小爆発させているように見えた。
いつも練習場でグラウンドのまわりをぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる、バターになっちゃう寸前まで走ってるのも、サッカーのためとか体力向上とか脚のリハビリとかそんなの超越しちゃって、「この人は単に『走ってない自分』を許せないんだろうな」って解釈してた。

もうちょっと、肩の力抜けばいいのに。

良くも悪くも、四六時中“ひたむき度120%”のたっちゃんは、もどかしいようなまぶしいような、
だからどうしても目を逸らすことができない存在だった。


          *            


「すずーきたつや! すずーきたつや! すずーきたーつーやー!」

たっちゃんコールの響きわたる日立台が大好きだ。
スタジアムが笑ってるから。
レイソルの応援コールはどれもかなり野郎臭いので、叫んでるとどうもカツ上げ中のヤンキーみたいな顔になってしまうんだが(俺だけ…?)
たっちゃんコールのときだけは、ふしぎに笑顔。みんな楽しげ。

おもきし声高らかにたっちゃんを祝福しよう。

いつもそう思いながら歌う。


          *


さびしいのかさびしくないのか、よくわからなかった。

ずっとスタジアムに通ってるサポなら、みんなどこかに予感はあったはずだ。
他サポから「鈴達か菅沼おくれよぅ」なんて言われることも多かったし。
いつか柏を出ていく人なのかもしれないな…って思ってた。
わたしはゲーフラを掲げたり、22のレプリカを着たり、ファンサでサインをもらったりするような“たっちゃん好き”ではなく、あくまでひとりの選手として見守ってきたつもりだった。

それなのに。
たっちゃんの最後のブログ読んでみっともないくらい泣いた。


『僕が初めてプロサッカー選手に成れた場所が日立台でよかった、
 僕にとって初めてのサポーターが皆さんで本当によかった。』


たっちゃんがいなくなっちゃったら、俺の隣の席のおじさんが元気なくなっちゃうじゃん。
まるでわが子であるかのように「たつや〜、たつや〜!」って、声上ずって腰なんか浮いちゃってんだよ。
おじさんも、今頃ちょびっと涙ぐんだりしてるかな。


          *


ひと晩たっても、さびしいのかさびしくないのかわからない。

でも、
たっちゃんが緑の芝の上を走りつづけるかぎり。
わたしたちレイサポはずっとずっと彼のことを祝福しつづけるんだろう。

だから、どっちだっていいや。
立ち止まってるたっちゃんなんて、たっちゃんじゃない。
ほんとは帰ってきてほしいけど、FC東京さんにもらわれることなってもかまわない。
さらにべつの修行の場に旅立つことになってもかまわない。

ユニの色がちがっても、俺たちのたっちゃんは、いつもひまわりみたいな笑顔でボールを追いかけてるはずだから。


鈴木達也選手のめざすべきゴールは、彼の駆けていく先に必ず待っている。






FC東京の皆様、どうかたっちゃんをよろしくお願いいたします。

そしてたっちゃん、
サッカー選手でいてくれて、本当にありがとう!












posted by きなこ at 22:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

風鈴の音でウトウトしながら  夢見ごこちでヨダレをたらしてる







こないだの土日は『ザ・夏休み』ってな週末でした。

土曜日は「手賀沼花火大会」。食欲魔人B氏&C氏夫妻がとってくれた桟敷席。
そのままお泊りして、つぎの日曜日は「柏レイソル夏祭り2008」じゃー。
あ、お昼ごはんは手打ちそばしたんだった!!

楽しすぎるだろコレ( *‘∀‘ )ノ





matsuri 1.jpg
手賀沼の夕暮れ。

桟敷席って、水際ぎりぎりの石畳。視界をさえぎるものが何もない特等席!
(そのかわり酔っぱらってコケたら水没確実)

それではしばし美しい花火をご観賞ください。

matsuri 4.jpg
matsuri 3.jpg
matsuri 2.jpg

matsuri 5.jpg
こんなかわいい花火もあったんだよ。
(写真提供/ばさら from 行け行け団〜柏れいそる〜)


C氏が唐揚げとかポテトとか鯖寿司とかピクルスとかいーっぱいお弁当こさえてくれて、ビールもたっくさん持って。
ゴクゴクもぐもぐやりながら花火見てると、上から降ってくるものがある。なんだろ!?って拾ってみると、これが玉皮の燃えカス。それくらい頭の真上で花火が上がってるのだ。

とにかく、こんなド迫力の場所で花火見たの初めて。
サイコーヽ(´∇`)ノ




んで、翌日。

お昼はこれまたお楽しみ企画の「手打ちそば」。

sobauchi-dekita!!!.jpg
( ↑ 写真撮りそこなったので、かわりにこないだ打ったときのやつ)

じつはGWに3人で柏市内のおそば屋さんにそば打ちを習いに行ったのである。それですっかりハマったのである。
B氏はすでに免許皆伝の域である。
ちなみに彼は「小籠包の巨匠」であり「広島風お好み焼きの師範」であり「麻婆豆腐の達人」である。

そしてこの秋には「手作りソーセージのマイスター」となる予定である。





閑話休題。



午後はまるまるレイソル祭り!

とにかく暑い。とめどなく発汗。日焼け止めまるで意味なし。

あんな熱気と湿気の中、一日中準備に運営に片づけに…と動いてくださったスタッフ、ボランティアの皆様に、心から感謝感謝です。


まずは おさわり ふれあいタイム。

matsuri 6.jpg
イワオ、その紙コップの中身はなんだ。正直に吐け。

matsuri 7.jpg
孝行息子と魔法使い

matsuri 8.jpg
人柱となって屋根を支えるカトゥー

matsuri 9.jpg
嫁さんが元ヤンのキタジ


matsuri 26.jpg

クラ「きみに捧げるジントニックさ」

きな「ありがとう。でもちょっと薄いわね





つづいてクイズバトル。

Cチームを応援した理由は、
古賀ちゃん → せっかちだから早押し強そう
パンゾー → 自分のこと物知りだと思ってそう
たっちゃん → おりこうさん
大津くん → 脳が若い
すげーの → 頭の形は悪いが中身はいいはず
澤 → Cチームの唯一の不安材料だった次郎の穴を埋めてくれてありがとう


お絵描きバトル。
お題:『レイくん』


matsuri 12.jpg
これが正しいレイくん。


matsuri 11.jpg
フランサ画伯の描いたレイくん。スパイクはミズノ。

これを見た瞬間のポポの「あqwせdrftgyふじこlp;@:!!!!!!!」という驚愕の叫びが忘れられない。


matsuri 13.jpg
澤にとってのレイくん。「あれはレイくんです」と石さんも認定。

matsuri  10.jpg
石さんずっと笑顔(´∀`)



次のお題:『アンパンマン』


matsuri 14.jpg
これが正しいアンパンマ(ry

matsuri 16.jpg
パンゾー作『病気療養中のアンパンマン』(ノД`)

matsuri 15.jpg
ミノル作『カメラ大好きでフレームアウトしたアンパンマン』
ミノル可愛いよミノル(*´Д`)
でもチームで一番KYなんだね



matsuri 17.jpg
なぜかずっと立ってたCチーム

matsuri 18.jpg
優勝シタワァ*・゚゚・*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゚゚・*


matsuri 19.jpg
すげーの「今日は俺のライヴに来てくれて本当にありがとう!」
ジャイアンリサイタルか。
とにかく終始ウザくてイラッとしました。


俺的には、優勝への分岐点は澤の「V6!!」という解答だったかと。(←見てた人にしかわからんな)
「フォーリーブス」とか答えたらどうしようかとドキがむねむねしましたが、杞憂でした。




で、ここからがクライマックス。
キタジ率いるAチーム+レイくんが、レイソル名物、罰ゲームの一発芸。


matsuri 20.jpg
当然スベる。

matsuri 21.jpg
「フルベさぁ〜ん、た〜すけて〜!!」

matsuri 22.jpg
満場の拍手の中、小躍りしつつフルベ登場。

matsuri 23.jpg

熱唱。

かいつまんで説明すると、キタジの嫁さんは元ヤンだけど、すげのの頭を横から見ると角度が90度で、次郎がハンドで退場しつつミノルは線審に怒られた…という一大叙事詩でした。
すばらしい歌。卓越した歌唱力。あいかわらず珠玉の一発芸。


しかし。
このとき。
フルベの陰にかくれながら、人知れず戦慄のパフォーマンスを披露していた者がほかにもいたことを、あなたはご存知だろうか。



もう一度、写真をよく見ていただきたい。
matsuri 23.jpg





























matsuri 244.jpg
ドアラの必殺技『静止芸』を体得したレイくん。(うしろの太田の表情にも注目)





matsuri25.jpg
そんな歴史的瞬間もつゆ知らず、お調子者のフルベは去ってゆくのだった。(古賀ちゃんウケすぎ)





あたくしあんまりよそのファン感見たことないのでわからないんですが、
一番盛り上がるのがフィジコの一発芸って、そんなクラブ、ほかにあるのか。
いいのかこんなことで(;¬_¬)



ともあれ、優勝のごほうびにピッチで選手といっしょに写真撮れてうれしかったー。
もちろん壁紙にしてるのことよ。


(´∀`).。oO(すげーののちょっぴりななめ後ろにいますよ)
posted by きなこ at 21:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。