2008年05月03日

空はまるで君のように

jozenji dori.jpg



どんなスポーツでも、判で押したように『メンタルが大事』という言い方をするけれど。
いま、サッカーほどメンタルなスポーツはこの世にないんじゃないかと真剣に思う。

ピッチの上で起こること、ピッチの外で起こること。
選手が感じる何か、サポの胸によぎる何か。
スタジアムに吹きわたる風や、陽射しや、頭の上を流れてく雲や。
過去も未来も現在も。

そのぜんぶが「サッカー」だ。

ぜんぶひっくるめた「サッカー」からは、もう逃れることができない。

メンタルなスポーツ、なんて当たり前すぎて笑っちゃう。
そりゃそうだよな。
だって、サッカーの神様には、いのちの根っこをわしづかみされてるんだから。



          * * * 



わたしがつねづね『世界一メンタルな生き物』だと思っているレイサポにとって、このゴールデンウィークはかつてなくきびしい季節になりそうです。

そんな中、火曜日は仙台に行ってきました。
こちらもまた、長く暗いトンネルをさまよいかけてるベガルタを見るために。


行く以上は、レイソルにはいっさい触れない。
日立台の仲間を信じて、今日はレイソルを忘れる。
そう心に決めたのに、早朝の中央線の車内でうっかりモバイル開いてうっかり広報日記読んだら、とつぜんこみあげてきてほとんど号泣ってくらい涙が止まらなくなって自分でもびっくりした。
(前に立ってたおじさんもびっくりしてたyo!)


メンタル弱すぎ。


東京駅に着いて、新幹線に乗って、ビールひと口飲んだらようやく切り替わった。
さすがYAZAWA(←永吉のほうね)の言うとおり。あんまりいくない日がいい日になった。
そーいえば等々力でも飲んだけどいかんせんナニがアレだったので
プレミアムモルツって配色がかなりベガルタ。うまし。

ユアスタ詣では今シーズン二度め。
まずはレイソルがあるし、金もかかるし、そう家を空けてられんので、原則“月に一度”と決めてます。
月イチらしい贅沢を!ってことで、朝ごはんは大船軒の『鰺の押し寿司』。しかも特上。うまし。
aji no oshizushi.jpg

しかし朝9時前から寿司をビールで流し込みつつ週刊新潮を熟読してていいのか職なし子なし専業主婦(37)。




メンタル以前の問題。




というわけで、日立台のようすは皆さんのブログや新聞でしかつかんでない。
スカパの再放送も見てない。
正味なところの試合の流れはまったくわからないままだ。
だけど、仙台と柏、それぞれで何が作用したのかは、皮肉なほどはっきりわかる。
きっと、日立台では選手の足をひっぱったものが、ユアスタでは選手の背中を押してた。



サッカーは、残酷なまでに「気持ち」をあぶりだすスポーツだ。

それをまざまざと示したのが、この日のオカだったと思う。





以下、空気読まずにベガ話が果てしなく長いのでべきっと折り曲げ。



続きを読む
posted by きなこ at 01:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。