2008年03月24日

My darling, Stay gold

春分の日のおはなし。

ユアスタに行ってきました。
柏の葉をほっちらかして。
あからさまに“非柏民”だけど。

でも、だって、



2008年J2リーグ、ベガルタ仙台ホーム開幕。

bega1.jpg

bega2.jpg



お彼岸なのでダンナ家のお墓参りも兼ねて、ひとりでプチ帰省。(当のダンナは取材旅行で不在中)
小雨まじりの仙台は、冬将軍の帰還というところでした。
あわててファーの襟つきダウンをひっぱり出して着ていって、大正解だった。
しかし、そんないじわるな悪天をものともせず、ユアスタに集う人、人、人。
開門時の行列っぷりはかなりなもんだったそうで、わたしはやや遅れぎみで到着したのに、それでも入場まで相当並ぶ。
しかも雨だわ着ぶくれてるわ入場時配布物てんこ盛りだわで、スタグルメどころじゃない。
カードにポイントつけてもらって(ファンクラブ会員なもんで…)Vプレス買ってたらあっという間にアップが始まってしまいました。


4ヶ月ぶりのユアスタ。このスタジアム、やっぱりいい。


いままではSバックの南寄りに席をとることが多かったんですが、今年はできるかぎりA北でいこうかと。
日立台でいえばMLのいちばんはじっこ。位置的にはほとんどゴル裏だし、サポ自バクスタ(コアサポエリア)がよーく見える。
コーナー蹴る梁くんも目の前というナイスな位置どりなのであります。
bega5.jpg

招待券があるときはよろこんで自由南に行くけどな


選手が入ってくるときは、ピッチ脇にサポが並んでハイタッチでお出迎えしてました。
抽選に当たった年チケホルダーさんたちだそうで、このセレモニーはなかなか良いなぁ。レイソルでもやらないかしら。
そうそう、わたしの見間違いでなければ、このとき、キャプテンの梁くんにつづく二番手で由紀彦が入ってきた。
彼はベンチスタートだったし、単なる偶然の順番だったのかもしれないけれど、なんとなくこういうところにゆっきーの“らしさ”が出てる気がしてうれしかったり。。。


あ、この人もご健在でなにより。
bega3.jpg


今年、キャプテンを任された梁くん
bega4.jpg

アップのときから、ていねいに、たしかめるように、くりかえしシュート練習してた。


そして。
そのとおりで。
2008年ホーム開幕戦、ベガルタ仙台 VS アビスパ福岡、
オープニングシュートは梁くん
開始直後に強烈なミドル。
この試合に懸ける、今季に懸ける気持ちが伝わってくるシュートだった。
とにかく、ゴールへと向かう意志にあふれたプレーが目立つ。あとでスタッツ確認してみたら、やはり、両チーム通じて最もシュート数が多かったのは梁くんでした。




結局はPKの1点を守りきり、無事勝利したベガルタ仙台。

内容は……多くを語るべきではないような。
なんだかんだ言って、福岡の最後の精度の低さとGK林の奮闘に助けられたというところでしょう。
“気持ちの強さ”と“実際のプレーのたしかさ”がうまく正比例していかない90分。
選手はみんな、喜びや安堵感以上に歯がゆさを感じたんじゃないだろうか。
それでも、梁くんの語った「内容はどうであれ、ホームでしっかり勝点3を取れたということは、満足しています」というコメントがすべてじゃないかな、と思う。
いまはそれでいいんだとも思う。

そう言えば、第2節岐阜戦のあとの由紀彦の言葉にもかなりしびれた。

「相手を圧倒するサッカーは、J1までとっておけばいい」

このひと言を聞けただけで、わたし、あぁベガモに入って本当によかった!と泣けたっす。
どこまでカッコいい男なんだこの人は。

それはともかく、由紀彦も、「勝つことがすべての相乗効果を生む」と言ってる。




今年のベガルタは、もがいて苦しんで勝ちながら、何かを学び重ねていくチームなんだと思います。






ほんでもって以下小ネタをだらだらと。
(長いのでバキッとへし折り曲げます)





続きを読む
posted by きなこ at 23:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。