2007年10月01日

違う道を歩き 違う雨に打たれ 僕らはこの夜にたどりついた



冷たい雨の中、日立市まで出かけてきました。
J2第43節、水戸ホーリーホック vs ベガルタ仙台、於日立市民運動公園陸上競技場。

20070930150609.jpg



まずはとにかくベガルタ、勝利おめでとう。
水戸ちゃん、次がんばれ。
両チームのサポの皆様、お疲れ様でした。風邪ひきませんように。


     *  *  * 


キックオフ直前、アウェー側ゴール裏芝生席にたどり着いた瞬間…
レイソルポンチョ花盛りw
しかもいきなりゴル裏仲間発見ww

さすがに腰ひけ気味で黄色のゴアテックス雨具着ていったのですが、
なぁんだ、わたしもポンチョにすりゃよかったな。





オカは相変わらず白魚のようなおみ足で フラフラグラグラしながら がんばってました。
どんどんひどくなる雨の中、必死に手を振り回して、声出して。

で、不思議なもので、オカを注視してるうちベガルタの選手たちがどうにもいとおしくなってきて気づくと梁くんダンス(?)を踊ってたりするんだなこれが。


ちなみにわたしはベガルタでは梁くんが一番好きです。
髪型を変えるともっといい。いいヘアサロンを紹介してあげたい。
亮の行きつけの美容院でもいいけどさ





オカは幸せだね。
そしてオカのせいでわたしはたいへんだ。

オカを応援しつつ他会場の途中経過をケータイでチェックするとそこには「ディエゴ ディエゴ  大野 」なんて出ててかなり微妙な心持ちだったけどそもそも日立市民公園でちくしょう札幌何やってる曽田はどうしたとかこの北村ってたしかユアスタで裏口から帰った審判じゃんとかボヤキながらケータイいじってること自体、
やっぱりこいつのせいだよなって思う。

昨日の奥歯砕けそうな悔しさも、
今日の阿呆みたいなずぶ濡れも、
えぇいぜんぶまとめてオカのせいにしちまえ。





試合終了後、ユニ脱いでぴょんぴょん飛び跳ねてくねくねバット振って相変わらずな岡山さんでありましたが、
いっこだけ印象深かったこと。
ゴール真裏にいたレイサポたちがゲーフラを掲げ、わたしも一番前まで駆けてって「オカ!」って叫んだ。
黄色い一群に気づいたオカは、なぜか一瞬、能面みたいになった。
ためらって、
でもトコトコと近寄ってきて、
わたしたちにむかってバツの悪そうな顔で手を合わせた。

苦しそうに見えた。




「おつとめ終わったらちゃんと帰ってきなさいよー」なんて冗談ぽく声かけようと思ってたけど、
あの顔見たら、なんにも言えなくなってしまった。
そういえばどっかの雑誌でベガサポにむけて『恋愛しましょう』なんて語ってたけど、
あぁ、この人はいま本当に新しい恋をしてるんだな、って。
きっと、ちがう誰かを愛したことを元カノに報告するときって、あんな顔になるんだろうなって。


眉毛、へんな風に下がっちゃってさ。



というわけで、帰宅してすでに6時間以上経つのになんでこの俺様がせつない気持ち抱えてなきゃいけないのかよくわからんまま眠れないじゃないか。



やっぱりオカ、あんたのせい。










すごく蛇足ですが、どうにもこうにも煮えた腹わたが冷めそうにないので。

「リーグの精神に反する」だの「サポーターに失礼」だの「金出してやったのに」だのほざいちゃったお偉い方々がいたみたいですが、

たとえば
今日みたいな日に
今日みたいなスタジアムの
今日みたいなゴール裏に来て
今日みたいなピッチをみつめながら
今日みたいなしぼり出すような熱気に90分間立ったままでまみれてみろ。

その眼を、冷たい雨でよくよく洗い流して、見開いてみるといい。


リーグの精神ってやつも、サポーターというものも、
あなたん家の居間のTVのリモコンとはちがって、テーブルの上には置いてないんだよ。

posted by きなこ at 02:35| Comment(11) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。