2007年02月18日

またすぐ会えるよね でも離れたくないよ

柏からの帰り道。
雨上がりの夕焼け雲を眺めながら、心の中でくりかえす。

「やっぱり日立台、最高だ」




前日、練見に行ったんです。
来日したての粗塩を見たかったし、とにかく生レイソルに飢えてた。
年が明けてからの初日立台。
うれしかったよ。楽しかった。

でもね。

今日のうれしさ、喜び、緊張、興奮、どきどき、不安、感激、感激感激感激。

くらべものになりませんでした。
恥かしいけど、柏バカ一代を歌いながらちょっぴり涙もちょちょぎれて。
脳裏に焼きつく、選手みんなの凛々しい姿。
ちょっぴりヘナチョコなところも相変わらずでそれすらも微笑ましくて。
後半30分すぎくらいからずっと、終わらないで、って祈ってた。
「ああこのまま永遠に跳ねてたい!」



新応援歌も素敵でしたね。
全体的にキーが低めなのがソプラノ担当には微妙にきびしいですが、
個人的にはミノルのチャントが最高によいです。
声がすごく“のる”感じがする。
水谷の『熱中時代』といい、神選曲としかいいようがなく、
レイサポである香ばしさをかみしめました。




今日は、勝ち負けなんてどうでもよくて、
ただただ、みんなが元気でいることを確認できればそれがすべてだった。
選手も元気、スタッフも元気、サポも元気、
仲間も元気、自分も元気。
日立台が元気。
(レイくんの元気があまりにも形式的だったのが若汗気になりつつ…)


だから。
試合が終わって帰るとき、すごくさびしかった。
また少しの間、きみに会えなくて、
すぐ会えるってわかってるのに、とっても離れがたかった。



帰るべき場所。
開幕がますます待ち遠しいな。









そして本日じつは一番幸せかみしめた瞬間はこんな感じ。


試合終了後にゴル裏に挨拶来てくれたとき、
クラとタニがお手々をつないでいたんです。
神様っているんだなってしみじみ(´一`*)
posted by きなこ at 23:44| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。