2007年01月17日

祝福をもらお 太陽みたいに笑う この魂に

行くひと、来るひと。
「さようなら」と「こんにちは」。
チームを愛することと選手個人を愛すること、
気持ちが引き裂かれてふたつ。
つらい季節。

それでも前を向いて、近づきつつある春に胸おどらせることができるのは、
結局、出会いにも別れにも“感謝”と“愛”がみっちり詰まってるから。

来てくれてありがとう、愛してる。
いままでありがとう、愛してる。






そんな、柏レイソルという家族のいまの想いを象徴するのが、
オカの言葉だと思う。

川崎公式の日記を読んで…

不器用で、バカ正直で、要領悪くて、融通きかなくて、頑固で、意固地で、
情に流されがちで、強がりで、怖がりで、打たれ弱くて、傷つきやすくて、
それ以上に大きくて、細やかで、しなやかで、強くて、
愛したがりで、愛されたがりで、
誰よりも誤解されやすく、誰よりも理解されたくて、
フロンタサポとレイサポを本気の本気で想ってるアホな男を、

心の底から誇らしく思った。

心の底から愛せる、って思った。


こんな人間に「大好き」になってもらえた、俺たちレイサポ。

なんて、幸せ者だろう。
なんて、重荷を背負ったことだろう。

川崎公式の画像を見て、オカに青黒ユニが似合ってることにけっこうショックを受けた。
らしい笑顔に、ちょっと嫉妬した。
この人、絶対一生、フロンタのこと忘れられるはずない。

でも、だから。

そんなオカを丸ごと、
真っ黄色なユニでくるんで、
愛していこう。


フロンタサポの分まで、支えていこう。


“柏の岡山”と、
一番輝く太陽の笑顔とともに、
踊ろう。







昨シーズン、チーム一丸で戦ってくれたレイソル戦士たちへのリスペクト。
新しく加わって家族になってくれたレイソル戦士たちへの感謝。
残念ながら活躍の地を求め遠くへ旅立っていったレイソル戦士たちへの愛。

そしてまた、わたしたち家族が走り出す。








しかしな、オカ。
あんたがもし不倫したら、嫁と愛人、ぜったいめっちゃ仲良しになるわw


posted by きなこ at 03:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。