2006年11月24日

どんなに 傷ついてもいいから

横浜戦の痛恨の引き分けのあとで。
「昇格が決まる瞬間まで、絶対、もう、泣かない」って誓ったはずでした。

でも、山形、試合終了後。
真っ先にゴール裏にむかってきたのは、やっぱり、由紀彦でした。
わたしたちサポーターを見つめて、
まっすぐに歩いてきて、
目を逸らさない彼の姿に、もうだめだった。

あの涙は、悔し涙でも、悲嘆に暮れる涙でもありません。


うれし涙だったんだよ。


気がついたら、ユニの胸を拳でたたきながら
由紀彦に向かって泣きながら叫んでいた。
「信じてる! 信じてる! 最後までいっしょに走ろう!」









残り180分。

声を出す。
跳ねる。
手を掲げる。
鼓舞する。
信じる。
愛する。
祈る。
戦う。
一瞬を楽しむ。
怒って泣いて楽しんで笑う。
目の前で起こるすべてを瞼に焼きつける。

生きる。

生きる。

生きる。






酒も飲むし紙吹雪も投げる。



まず、日曜日。
結果なんて求めない。

ただひたすらに「レイソルらしく」。

その先には、必ず歓喜が待ってる。






あのね、どこにどう表現してよいかわからんからここに書きますが。

レイソルブログって本当に熱いよ!

山形、かなり寒くてつらかったけど、
リスタで買ったミニブランケットが助けてくれました。
すごくすごく温かかった。
素敵な新商品、どうもありがとうです。
(ちょっとお高いけれども…)







レイソルに関わるすべての人間に愛と勇気を。

posted by きなこ at 23:36| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。