2006年10月30日

心 ひ と つ



夕方、買い物に出かけようと外に出て、
ふと空を見上げてみたら、月が輝いていた。

夜空が暗いのは、やがて明るい朝を迎えるため。
月が震えながら光るのは、どこかに、夜明けを待ってる太陽がいるから。






「どうして柏なの?」と聞かれることがある。
べつに出身地でもないし、そもそも下に落ちてるんでしょう?

そんなときいつも、どうしてってどうして?って答える。
人を愛してしまうのに、理由なんて必要?

身も心も溶けあって、もう誰の手でも分かつことのできないほど、
ひとつになりたい。
一心同体。
選手とスタッフとサポーターとが
そんな狂おしい思いで支えあえるチームが、ほかにある?






先日の、法政大学との天皇杯の前夜。
憧れだった“泊まりでの並び”をはじめて体験できた。
飲んで語って楽しんでそろそろ寝静まろうかという深夜、
ふと見上げると、空に浮かぶ満月。
月明かりに照らされてしずかに時を待つ日立台のピッチを見つめながら。

死んだら、この芝の下に眠りたい。

本気でそう思った。
もし灰を撒くのが無理なら(無理だよね)、
骨をコンクリに混ぜてもらって客席の一部にしてもらいたいと思った。
誰もいない夜中のピッチを見てるだけで、涙があふれてきた。



「一心同体」。







横浜戦のあと、
悔しくて悔しくて悔しくて悔しくて悔しくて悔しくて悔しくて悔しくて悔しくて
ついうっかり泣いてしまいました。

ごめん、もう泣かない。

夜には、朝がある。
月には、太陽がある。
負けには、勝ちがある。
弱いには、強いがある。
涙には、笑顔がある。




わたしには、あなたがいる。

posted by きなこ at 03:58| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。