2006年09月30日

わたしを 思い出にしてしまうの?



来たる日曜日、ここ一番の大勝負である鳥栖戦をひかえて。
気合いを入れ直し、勝利への鍵を分析するために、

水戸戦の日のふれあいタイムについて 反芻 思い返してみましょう。






前日の深夜、「ふれあいタイムにタニ現る!?」の報を受け、あわてて洗面所に走る。

ない。
どこにもない。


味平にとっての包丁(料理人として生きる誇り)、
バカボンのパパにとっての腹巻(自由人として生きる証)、
野口五郎にとってのシークレットブーツ(アイドルとして生きる砦)
にも匹敵するほど必要不可欠な

わたしにとっての高純度ヒアルロン酸美顔パック(女として生きる命綱)がない。

キキッ!
猿語で「危機!」(←直訳)



しょうがないのでそのままいったん寝て
当日の朝早起きしてコンビニに走ってパック買いに行って
帰ってきてパックしてそのまま二度寝して
うっかり寝坊したもんだから寝坊ついでに朝風呂入って会社に遅刻しました。



〜〜〜〜(中略)〜〜〜〜



そんなわけで無事柏に到着したK氏は、
伊勢角前でグルメ中年のB氏C氏と感動の再会を果たした。
日立台へと歩く道すがら、ふれあいタイムについて熱く語る三名。

K氏「ふれあいタイムの『大谷選手ほか1名』の『ほか1名』って誰かな?」

C氏「ピ○トじゃね?ちっ(←舌打ち)」

K氏「……」

B氏「いや、怪我してる選手ってことで言えば、チュンソンかもしれないよ?」

C氏「んなピンで客呼べるの2人そろえるわけねーじゃん! 
   ぶっちゃけ○ントだろ!ちっ(←舌打ち)」

K氏B氏「……」




パンゾー様でした。


魅惑のイケメン2top
キタワァ*・゚゚・*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゚゚・* !!!!!



??〓??¢〓〓〓??н.bmp





タニは、いいニホヒがしました。
タニの耳には、ピアスが輝いていました。
あまりの素敵ぶりに、目がつぶれるかと思いました。

生パンゾーとの第三種接近遭遇で緊張のあまり心霊写真(しかも念写)撮りまくりの某Megさんや
携帯のカメラの使い方がわからないという中年ぶりをいかんなく発揮した某C氏、
俺が主役だ俺とふれあえ俺を撮れと一歩前へ出張りまくる某レイくんなど
とにかくすべての雑音をふりはらって


あの瞬間、この汚れた世界に、きみと僕、いつまでもふたりきりだったね。。。


なけなしの勇気ふりしぼって、声、かけた。
「あの、わたし、以前チャリティーオークショ…」
そんなわたしを見つめながら、
もうそれ以上言葉はいらないよ、って優しい瞳で、言ってくれたね。

「…わかってましたよ。」




タニ…



覚えててくれたんだね…



あの頃…



もう一度もどれたら…




(トクン…トクン…)







〜〜〜〜(暗転)〜〜〜〜








あんなべっぴんさんが選手会長のチームが優勝できないわけないな。
絶対絶対絶対ビールかけでタニのくしゃくしゃの笑顔でわたしも幸せになってやる。

鳥栖参戦組のみなさんに魂を託します。


つ【オータニ俺らとともに…(トクン…)】
posted by きなこ at 03:29| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。